補助金

【2022年版】電気自動車(EV)の税金はいくらおトク?税制優遇の具体例を紹介

【自動車ジャーナリスト監修】電気自動車(EV)にかかる税金をわかりやすく解説。「エコカー減税」や「グリーン化特例」など、ガソリン車と比べた場合、税制優遇を受けられるEV。具体的にどのくらいの金額がかかるのか、「自動車税」「自動車重量税」「環境…

【2022年度】プラグインハイブリッド車(PHEV)の補助金は上限いくら?国や自治体の制度、注意点を解説

プラグインハイブリッド車(PHEV)を購入する際に、2022年度は国から最大55万円の補助金を受け取ることができます。国や自治体の制度における対象の車種、注意点について詳しく解説します。

【2022年版】V2Hの設置費用はいくら?機器代・工事費までマルッと解説!

環境メリットや経済性の高いV2Hですが、機器や設置工事にはいくらかかるのでしょうか?工事の流れから、具体的なコスト総額の目安までを解説します。

【2022年度】V2Hの補助金は上限いくら?国や自治体の制度、注意点を解説

【2022年8月8日更新】家とEVをつなぐV2Hを新たに設置する場合、補助金が出ます。国と地方自治体から二重で受け取れる場合もありますので、コスト軽減に大きく役立ちます。この記事ではV2Hの補助金の概要、注意点、上限額などを解説します。

【2022年度】電気自動車(EV)の補助金は上限いくら?国や自治体の制度、注意点を解説

【2022年7月20日更新】電気自動車(EV)の購入を検討する際に、必ず知っておきたい補助金制度。2022年度は国から最大85万円を受け取ることができます。国や自治体の制度における対象の車種、注意点について詳しく解説します。

ジープ レネゲード4xe。たくましさと愛嬌を備えたPHEV

ジープといえば、4×4(フォーバイフォー:4輪駆動車)の代名詞として、クルマ好きのみならず浸透しているアメリカンブランド。伝統のオフロードメーカーが未来に向けて出した回答例が、レネゲードです。ワイルドさを巧みにデザインにも取り入れながら、取り…

電気自動車(EV)の価格相場はいくら? 過去推移と将来予測、車種別価格の一覧も紹介!

電気自動車(EV)の2021年9月末時点での最新価格相場をまとめました。過去推移や将来予測、車種別の価格表や、価格の見方などのポイントもまとめて紹介します。

電気自動車(EV)の維持費は年間いくら? ガソリン車と比較して安いの?

【自動車ジャーナリスト監修】「EVは維持コストが安い」と言いますが、実際にはいくらかかるのでしょうか? じつは、2年目以降の維持費は、ガソリン車と比較すると約3分の2まで安くなります。この記事では、EVの維持費としてかかる税金、保険料、車検代、充…

メルセデス・ベンツ EQA250 名門ブランドが魅せるEVへの本気度

ラグジュアリーカーの代名詞といえば、やはり“スリー・ポインテッド・スター”のメルセデス ベンツ。エンジン駆動で静粛性・安定感を極めた同メーカーも、ついに電気自動車(EV)へのシフトを始めています。今回注目するのは、コンパクトSUV「EQA」。モーター…

卒FIT後の余剰電力はどうする? EV活用や蓄電池など自家消費を増やすための対策も紹介

再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)における買取期間が終了した(卒FIT)あとの余剰電力はどうすればいいのか、おすすめの対策を紹介します。また、蓄電池の導入とEVリフォームについて、それぞれのメリット・デメリットや費用などを詳しく解説し…

電気自動車(EV)の中古車のメリット・デメリットは?価格や補助金、バッテリーなど注意したいポイントを解説

電気自動車の中古車について、メリット・デメリットをはじめ、価格の相場、補助金はもらえるかどうか、バッテリーの見極め方などの知っておくべきポイントを解説します。日産リーフやベンツEQCなど、人気車種の中古価格相場も紹介。また、購入する際に失敗し…

EVを家庭用電源にする「V2H」とは? 仕組みやメリットをイラストで解説!

「車から家へ」を意味する「V2H(Vehicle to Home)」は、電気自動車(EV)の電気を家でも有効活用するシステム。電気代を節約したり、災害時の予備電源として使えたりとEVに乗るならぜひ検討したいもの。V2Hのメリット・デメリットや、導入するための条件に…

EVのメリットは?燃費、補助金etc.…導入をおすすめしたい6つの理由

〈EV所有者解説〉実際に乗っている人が感じる、電気自動車(EV)のメリット・デメリットとは? 補助金や減税措置による購入コスト削減から、ガソリン車とEVの燃費コストの差を解説。また、ネックとなる車両価格や車種の数についても紹介します。