太陽光発電に蓄電池は必要? 蓄電池のメリット・デメリットを解説【図解あり】

蓄電池メリット・デメリット

「蓄電池」は、電気を貯めたり放出したりする働きがあります。太陽光発電と組み合わせることで、つくった電気を効率的に使えるようになります。もちろん、導入のための初期費用はかかりますが、使い方によってはトータルの電気代が安くなる効果も期待できます。ただし、太陽光発電と蓄電池を一緒に導入するかどうかを検討するには、ライフスタイルなどに加えメリットとデメリットも知っておくことが大切です。導入に伴うメリット・デメリットやその解決策もあわせて紹介しましょう。

 

東京電力グループの新電化生活

 

太陽光発電の蓄電池とは?

太陽光発電と蓄電池

 

住宅用太陽光発電システムと蓄電池を同時に設置すると、昼間の発電でその時に使用している電気の使用量を超えて余った電気を貯められるようになります。電気を蓄えることによって、電気の自家消費を増やすことができます。また、夜間など発電していない時に使用すれば、電力会社からの購入電力量を減らすこともできるのです。もし災害などで停電した時でも、設備に異常がなければ蓄電池を非常用の電源として使うこともできるので安心です。

太陽光発電システムと同時に蓄電池を設置することもできますが、先に太陽光発電システムを設置して、あとから蓄電池を追加することもできます。また、太陽光発電システムを設置していなくても、停電時の電気を確保するために蓄電池を導入することもできるのです。例えば、電気料金プランによっては夜間の電気料金が安く設定されているので、こうした安価な電気を蓄えることもできるようになります。

 

 

太陽光発電で蓄電池を導入するメリット

太陽光発電と蓄電池を組み合わせるメリットはさまざまありますが、毎日の暮らしと万が一の災害などによる停電時とに分けて紹介します。

電気代が安くなる可能性がある

太陽光発電は日中に多く発電しますが、実は、昼間にあまり電気を使わない家庭は、意外にたくさんあるのです。1)というのも、昼間は家に人がいないことも多く、使う電気よりもつくる電気が多くなりがちです。蓄電池がないと余った電気は一般的には電力会社へ売ることになります。そのため、せっかくつくった電気を自家消費したいのに十分にできないこともしばしばです。蓄電池を導入すれば、発電した電気を貯めて効率的に使うことが可能になるのです。

つくった電気を自分で使う自家消費は、電気料金プランによっては、売電するよりも電気代がおトクになる可能性があります。というのも、固定価格買取(FIT)制度の買取価格は毎年下がっています。住宅用太陽光発電の買取価格は、2021年度には1kWhあたり19円(税込)でしたが、2022年度は17円(税込)※となることが決まっています。2)
※調達価格等算定委員会「令和3年以降の調達価格等に関する意見」において取りまとめられた内容

しかし、電力会社の電気料金平均単価は、2019年度の家庭向けで24.8円/kWh(税抜)となっています。2020年度の大手電力会社の電気料金平均単価も23.2円/kWh(税抜)ですので2022年度の買取単価と比べると6~7円/kWh程度も高い状況です。3)最近では燃料費の高騰もあいまって電気料金は上昇傾向にあり、2010年度と2020年度を比べると約22%上がっています。つまり、電気料金平均単価との比較では電気は買うよりもつくるほうが安い状況と言えます。だだし、電力会社の料金プランによって電気料金単価は千差万別。安くならない可能性もあります。

<図>電気料金平均単価の推移

電気料金平均単価の推移

経済産業省 日本のエネルギー2020年度版より

 

そこで、太陽光発電と蓄電池の双方を導入すると、太陽光発電のみの場合と比べて売電量は減りますが、蓄電池に蓄えることでより多くの電気を自家消費することができるようになります。電気をたくさん使う夜の時間帯などに蓄電池に蓄えた電気を使うと、電気の使用量が変わらなければそれだけ電力会社から買う電気が減ることになります。そのため、蓄電池の使い方次第では太陽光発電のクリーンな電気を使いながら電気代を下げることができるようになるのです。

 

 

災害時に電気が使える

災害などで停電した時のために、太陽光発電には「自立運転」というモードが搭載されています。自立運転とは、電力会社の電線に発電した電気が流れないようにした上で太陽光発電の電気を使えるようにする機能です。しかし、太陽光発電は太陽が出ている時しか発電できないため、自立運転モードでも雨天の時や夜間は電気を使うことができません。

この課題を解決するには、太陽光発電と蓄電池を一緒に使うのが効果的です。蓄電池に蓄えた電気を発電できない時間帯に使うことができるのです。蓄電池にも、太陽光発電と同じように自立運転モードが搭載されています。太陽光発電と蓄電池を組み合わせると、万が一の停電の時に自立運転モード切り替えることで、太陽光発電が発電しない時や発電した電気が余った時などに、蓄電池を効果的に活用することができます。このような使い方ができるようになれば、暮らしの安心につながるでしょう。

災害時の蓄電池活用

パナソニック(株) カタログ 「[住宅用] 太陽光発電システム リチウムイオン蓄電システム」より

 

このように、太陽光発電と蓄電池を組み合わせると、電力会社へ売る電気の量は減りますが、電気の自家消費・自給自足の割合を高めることができます。もし、仮に停電が長引いたとしても、生活に必要な最低限の電気をまかなう可能性も高められるのです。電気は、日常生活に欠かせないライフラインのひとつです。災害時でも、冷蔵庫やエアコン、照明やテレビ、スマートフォンの充電など、電気が使えると大きな安心につながります。毎年のように自然災害が起こる今、太陽光発電と蓄電池は、大切なライフラインである電気をしっかりとバックアップしてくれるのです。

 

停電をはじめとした災害の対策についてこちらの記事でも詳しく紹介しています

▶︎防災・危機管理ジャーナリスト 渡辺実が語る。いま、本当に必要な停電対策とは?

 

EVやPHEVを蓄電池として使うV2H

V2H

画像:iStock.com/wakila

 

EV(電気自動車)をいわば“動く蓄電池”として活用する方法もあります。これはV2H(Vehicle to Home)と呼ばれるシステムや考え方です。EVやPHV・PHEV(プラグインハイブリッド車)を住宅につないで使うことで、車を停めている間は蓄電池として活用することができます。

V2Hの場合も、EVやPHEVのバッテリーの充放電によって電気代の節約が期待できます。昼間の太陽光発電の余剰電力を充電すれば、EV・PHEVの充電コストを抑えることもできるでしょう。もちろん、災害などの停電時にはEVやPHV・PHEVを非常用電源として使うこともできるので便利です。

 

 

太陽光発電で蓄電池を導入するデメリット

普段の暮らしでも停電時にもメリットのある太陽光発電と蓄電池ですが、導入にはデメリットも伴います。メリットとデメリットをしっかり比較して検討し、導入を判断することが大切だと言えます。

初期費用がかかる

太陽光発電と蓄電池で経済的なメリットが得られる可能性がある一方で、自治体などの補助金を活用できたとしても、初期費用やメンテナンス・交換費用の高さは太陽光発電や蓄電池を導入するデメリットのひとつでしょう。国の調査によると、2018年度の工事費を含む住宅用蓄電システムの平均価格は、蓄電容量1kWhあたり18.7万円です。住宅用蓄電池の初期費用はまだ十分に下がっているとは言えません。蓄電池をより導入しやすくするには、さらなる価格の低減が求められます。4)

 

 

東京電力グループのサービス
「エネカリ/エネカリプラス」でデメリットを解消

蓄電池の初期費用などの導入コストを抑える方法として、東京電力グループが提供する「エネカリ/エネカリプラス」を使用する方法があります。

「エネカリ」は、初期費用は0円※、月々定額の利用料のみで蓄電池をはじめ、太陽光発電システム、エコキュート、V2HやIHクッキングヒーターなどの設備を導入することができるサービスです。また、太陽光発電で余った電気を売って収入を得ることができます。利用期間中は故障時の修理費用も無料で、風水害や落雷などの自然災害補償も付いています。

さらに、利用期間満了後には、そのまま設備を無償で得ることができます。
「エネカリプラス」もエネカリと同様に、太陽光発電設備と蓄電池、さらに昼間にお湯を沸かす「おひさまエコキュート」をおトクに利用できるサービスです。

エネカリプラスとエネカリの大きな違いは、売電収入がない分月額利用料を安く抑えられること。各家庭の事情や予算に合わせて選択できますので詳細は以下のサイト「TEPCOの新電化生活」で確認しましょう。

 

東京電力グループの新電化生活

 

※エネカリプラスは別途足場代等の費用がかかる場合があります。

 

スペースの確保が必要

蓄電池の大きさはメーカーや容量によりさまざまですが、蓄電池のサイズに加えメンテナンススペースなどを加えたスペースが必要です。設置場所もメーカーや容量などにより屋内、屋外のタイプがあります。

まとめ

太陽光発電システムに加えて蓄電池を導入すると、太陽光発電の電気の利用方法のバリエーションが広がり、非常時の安心にも役立つことがわかりました。蓄電池だけではなく、EVやPHEVに搭載されたバッテリーによっても、発電した電気を蓄えることで、天候や時刻を選ばずに使える可能性が広がり、万が一の備えにつながります。

とはいえ、太陽光発電や蓄電池の導入には、初期費用や設置スペースといったデメリットがあるのも事実。カーボンニュートラルやSDGsといった観点からも、再生可能エネルギーである太陽光発電や蓄電池は導入の拡大が求められています。これらのメリットを生かしつつ、デメリットというハードルを下げるような、新たなサービスや新商品も続々と生まれています。たくさんの選択肢の中から、ライフスタイルやニーズに合った太陽光発電設備や蓄電池を選び取るのは難しいもの。ですが、じっくり検討して納得のいく方法を選んで導入すれば、安心・快適な暮らしにさらに一歩近づけるのではないでしょうか。

 

この記事の著者
EV DAYS編集部
EV DAYS編集部