減税(エコカー減税等)

電気自動車(EV)プラグインハイブリッド車(PHV・PHEV)などの環境性能や燃費性能に優れた車には税金が軽減される優遇措置が主に3つあります。

 

① エコカー減税

国土交通省が定める排ガス・燃費基準をクリアした車の総称をエコカーといい、それらの車の自動車重量税が軽減されるものです。EVPHVは取得時および初回車検時ともに100%減税(免税)となります。

 

② グリーン化特例

環境性能や燃費性能の優れた車の自動車税・軽自動車税が、新車登録年度の翌年度分について軽減されるものです。自家用乗用車については令和3年度からEVPHVなどの次世代自動車に対象が限定され、EVPHVは75%減税となります。

 

③ 環境性能割

令和元年10月1日から、自動車取得税が廃止され、代わりに環境性能割が導入されました。環境性能割の税率は、車の燃費性能等に応じて、自家用登録車は0~3%となっており、EVPHVは非課税となります。なお、令和元年10月1日から令和3年12月31日までに取得した自家用乗用車(軽自動車を含む)については、税率を1%分軽減する措置が取られています。

この記事をシェアする
  • LINE