太陽光発電

太陽光発電の1日の発電量は?季節・地域別の発電量、シミュレーション方法も解説

太陽光発電の1日の発電量のほか、季節や時間帯、気候による発電量の変化を解説します。太陽光発電の導入検討時に便利なメーカーごとの発電量のシミュレーションツールもご紹介しているので、参考にしてください。

太陽光発電導入で芽生えた「省エネ意識」。家族が感じた意外なメリット

太陽光発電を自宅に導入している方に、リアルな感想を伺う連載「新電化生活、はじめました」。第2回は、自宅を新築してから6年目、2021年3月に太陽光発電を導入した菱沼さんのお宅に伺いました。菱沼さん一家は太陽光発電を導入して、初めて気づいたことがあ…

家族想いのパパが実現!太陽光発電のあるエコノミーで安心な暮らし

太陽光発電を自宅に導入している方に、リアルな感想を伺う連載「新電化生活、はじめました」。第1回は、自宅を新築してから3年目、2021年に太陽光発電と蓄電池を導入した小山さんのお宅に伺いました。3世代(ご夫婦、お子さん3人、ご両親)が住む自宅への導…

災害時の水の必要量は?備蓄方法や緊急時の水の確保方法を解説

災害用として必要な飲料水は1日3L。では、ウォータータンクやペットボトル、ウォーターサーバーなど、どのような方法で備蓄するのがよいのでしょうか?万が一のときの水の確保方法も解説します。

太陽光発電を導入するベストな方法は?専門家にマネープラン上のコツを聞きました!

「自宅に太陽光発電を導入したい。でも高価な設備を購入するのは厳しい…」と足踏みする人は多いはず。けれど、初期費用ゼロ円で太陽光発電を導入できる方法もあるのです。そのひとつが「PPA」という方法。「購入」と「PPA」にはそれぞれのよさがあり、その人…

【2022年】オール電化を始めたい方へ。メリット・デメリットやおトクな導入方法も紹介!

オール電化のメリットは「光熱費を節約できる」「火災の危険性が低い」「ガスよりも復旧が早い」などです。一方、デメリットは「初期費用が高額」などが挙げられます。この記事では、これからオール電化を始めたい方へその特徴に加え、おトクに導入する方法…

業界初! 太陽光でお湯を沸かす「おひさまエコキュート」を大解剖。ダイキンのショールームを訪問!

おひさまエコキュートとは、太陽光発電設備が発電する昼間の時間帯に空気の熱を利用してお湯を沸かす給湯機。太陽光発電の余剰電力を使って外気温度の高い昼間の時間帯に稼働することで、エコで経済的な給湯が可能になります。おひさまエコキュートの販売を…

太陽光発電の設置で屋根は傷む?リスクや注意点を施工業者に聞いてみた

太陽光発電を設置することで「屋根が傷むのか?」「雨漏りのリスクが高まるのか?」と疑問を感じている人もいるでしょう。本稿では、太陽光発電の施工のプロであるムサシノ電気株式会社さんに、太陽光発電の施工方法をうかがいつつ、その真偽を教えてもらい…

太陽光発電のPPAモデルとは?初期費用無料で自宅に太陽光発電を導入できる仕組みを解説!

近年、太陽光発電の新たな導入モデルとして注目されている「PPA」。PPAモデルを活用すれば、初期費用をかけずに自宅へ太陽光発電設備を導入することができます。おもに法人向けの事業と思われがちですが、最近は一般家庭でもPPAモデルによって太陽光発電を導…

【2022年】太陽光発電の設置費用の相場は? 機器の価格や売電収入との関係についても解説

住宅用太陽光発電の設置費用の最新相場の情報をまとめました。さらに省エネや売電収入などで設置にかかった費用を回収できるかを検証します。また、意外に知られていない、設置後のメンテナンスや鳩駆除についても解説します。

太陽光発電で電気代はゼロになる? 蓄電池やEVとの組み合わせも検証

太陽光発電を自宅に導入するメリットのひとつは、自家消費や売電によって電気代が節約できること。その仕組みや、蓄電池やEV(電気自動車)を併用して光熱費やガソリン代を含めた家計のコストを下げる方法について解説します。

太陽光発電の売電収入はどれくらい? 確定申告が必要な場合の手続きも解説

自宅に太陽光発電を導入すると売電収入は1ヶ月あたりどれくらいの金額になるのでしょうか。その仕組みと具体的な金額を紹介します。また、売電収入をアップするためのポイントや確定申告が必要になった場合の手続きについても解説します。

太陽光発電に蓄電池は必要? 蓄電池のメリット・デメリットを解説【図解あり】

住宅用の太陽光発電に蓄電池を組み合わせることで、昼間に発電した電力を蓄え夜間に利用することもできます。その蓄電池を導入するメリットやデメリットについて図解で紹介します。

太陽光発電で使う蓄電池の仕組みとは? 電気が使えるまでを解説!

蓄電池は、太陽光発電で発電した電気を蓄えて、災害で停電したときや夜間に使用したり、夜間の電気を蓄えて昼間に使用したりと、ライフスタイルに合わせて使うことができます。蓄電池があると、便利なだけでなく安心にもつながります。太陽光発電を導入する…

太陽光発電のメリット・デメリットを初心者向けにわかりやすく解説!

住宅に太陽光発電を導入するメリットとデメリットについて解説します。環境性、コスト面、さらに太陽光発電によって変わる生活面など、さまざまな観点でわかりやすく説明します。

【図解つき】太陽光発電の仕組みを初心者向けにわかりやすく解説!

太陽光発電の仕組みを初心者向けに図解でわかりやすく解説します。さらに太陽光発電で売電収入を得られる仕組みや、メリットとデメリットについても詳しく紹介いたします。

【図解】FIT(固定価格買取制度)とは? 太陽光発電の売電の仕組みを解説

太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーを固定価格で買い取ってくれるFIT制度。その目的やFIT(固定価格買取制度)から卒業することを指す「卒FIT」後の対策までを解説します。さらに卒FIT後の余剰電力の使い方などおトクな方法も紹介します。

防災・危機管理ジャーナリスト 渡辺実が語る。いま、本当に必要な停電対策とは?

地震や台風など、大規模な災害が発生したときに心配なのが停電の問題です。冷暖房だけでなく通信や水の供給とも深いかかわりを持つ電気が絶たれてしまうと、生命の危機にさらされる可能性が出てくるからです。そこで知っておきたいのが、大規模な停電が起き…

家計も家族も、よろこぶ選択。子育てママが、EVをおすすめする理由

安藤文香さんは夫の唯さん、息子・伊織くんと一緒に快適でコスパのよい生活を営んでいます。その暮らしを支えているのが、5年前に建てたZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)と愛車のリーフです。自然体で辿り着いた、環境にやさしいEVライフについてお…

卒FIT後の余剰電力はどうする? EV活用や蓄電池など自家消費を増やすための対策も紹介

再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)における買取期間が終了した(卒FIT)あとの余剰電力はどうすればいいのか、おすすめの対策を紹介します。また、蓄電池の導入とEVリフォームについて、それぞれのメリット・デメリットや費用などを詳しく解説し…

こんな家にするにはHow much!? 快適&電化リフォーム事例&費用8例

EVやPHVって電気で走りますよね。自宅での充電を検討すると、充電設備やV2H(Vehicle to Home)を設置する電気工事などが伴います。せっかく走行時に排ガスを出さない環境にやさしい車に乗るのだから、充電する電気ももっとエコなものにしたいですよね。 そ…

【EV4台持ち】仕事にも、プライベートにも。農家・江守さんの進化し続けるEVライフ

埼玉県で農業を営む江守広章さんは、なんと電気自動車(EV)を4台も所有しています。好奇心から購入した初代日産リーフを皮切りに買い増していったそうです。合鴨農法を採用した農業にEVトラックが活躍しているほか、数年前に購入したテスラ モデルSはプライ…

快適極まるEV2台持ち。ゲーム感覚で楽しく蓄電する、木田さんのリアルライフ

憧れの2台持ちカーライフ。しかも両方電気自動車(EV)を採用しているという静岡県在住の木田さんは、さらに太陽光発電とV2Hを活用することで、いまやオール電化のご自宅は「ほとんど光熱費がかからない」のだとか! おトクで賢く、さらに楽しそうなEVライフ…

【2021年版】V2Hの補助金は上限いくら? 国や自治体の制度、注意点を解説

【2021年11月9日更新】電気自動車と同じように、家とEVをつなぐV2Hにも補助金が出ます。国と地方自治体から二重で受け取れる場合もありますので、コスト軽減に大きく役立ちます。この記事では複雑なV2Hの補助金の概要、注意点、上限額などを解説します。

【2021年版】V2Hの設置費用はいくら? 機器代・工事費までマルッと解説!

環境メリットや経済性の高いV2Hですが、機器や設置工事にはいくらかかるのでしょうか? 工事の流れから、具体的なコスト総額の目安までを解説します。

「工夫で電気代がゼロになることも」。竹村さんが実践するEVのある“おトクな”暮らし

東京都内にお住まいの竹村さんは、2020年に戸建ての新築を購入しました。同時に総額約400万円の日産リーフをリース契約で導入。月々2万円程度の維持費で、電気を効率的にまかなうエコライフを実現しています。EVのある生活とは、実際にどのようなものなのか…

EVを家庭用電源にする「V2H」とは? 仕組みやメリットをイラストで解説!

「車から家へ」を意味する「V2H(Vehicle to Home)」は、電気自動車(EV)の電気を家でも有効活用するシステム。電気代を節約したり、災害時の予備電源として使えたりとEVに乗るならぜひ検討したいもの。V2Hのメリット・デメリットや、導入するための条件に…